感覚で判断して危なかったこと

これまでは身体が冷え過ぎてしまうことや、温度差による体調不良が気にかかり、夏でもエアコンを使わずに扇風機で過ごすことが多々ありました。
ただ、近頃は暑い日が続くこともあり、なるべくつけるようにしています。
冬場の湿度確認の為、湿度だけでなく快適度も表示される温度計が部屋にはあります。
以前、なんだかだるくてあまり動けない、身体が変に辛いと思うことがあったのですが、その時は室温が36度を超えていました。
暑いなとは思っていても扇風機だけで意外と過ごせてしまい、いつの間にか部屋の温度が上昇していたことに気づかなかったのです。
不調に気づいてからエアコンをつけても中々回復出来ず、その後は横になって身体を休めるはめになりました。
熱中症などではなかったようなのですが、こうなると自分が大変なだけでなく、家族を心配させ負担をかけてしまうことにもなります。
それ以来、大丈夫だと思っているかどうかの感覚で判断せず、温度と湿度の客観的な情報でエアコンを使うようにしています。